現職税理士事務所の職員が気になることを紹介します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
外貨建MMFの売却益にご注意を。
平成27年も、あと三か月ほどになりました。

今年中にやっておくべきことの一つに、外貨建MMFの売却があります。


なぜなら、

平成27年の間にMMFを売却すれば為替差益が非課税になるから。

ご存じの方からすると当たり前にされていたことですが、

平成28年からは売却益は申告分離課税で20.315%課税されます。


数年前にはアメリカドルは80円台の頃もありました。

ここ最近は120円前後ですので、為替差益を多く含んでいる外貨建MMFもあるのではないでしょうか?


もし、お手持ちのMMFがあればCHECKです。


円換算での取得価額と売却価額に利差があるのであれば、平成27年中に売却をご検討ください。

それだけで、来年同じ価額で売却するのであれば

20.315%

の税金分だけお得になります!


逆に、売却損になるのであれば、平成28年以降は他の株式と損益通算できるようになります。

こちらも把握しておいたほうが良さそうですね。



ぜひ、お手持ちの投資資産の棚卸をしてみてください。



  

スポンサーサイト
© とある税理士事務所職員のブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。