現職税理士事務所の職員が気になることを紹介します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ふるさと納税のお礼の品物のオトク度を調べよう!
前回は3ステップでできる!オトクな『ふるさと納税』をやってみよう!!を紹介しました。

ふるさと納税は限度額までは2,000円の負担で商品が貰える制度です。


そのほとんどが2,000円以上の品物が届くのでお得になるのですが、

気になるのが、本当にお得になったのか?

その品物を買えばいくらぐらいになるのか?

ということです。


そこで、簡易的ではありますが、AMAZONで検索することで、いくらぐらいかがわかります。

また、あまりお得感がなく、すぐに手に入れたいなら、そのまま購入してしまうことも可能ですね♪

もちろん、クレジット決済対応なので、ポイントも手に入ります!


AMAZONでは本や家電はもちろん、日用品も取り扱っていますので、

リンク先のAMAZONの最初のページの検索から調べることができます。


では、早速お米10kgを調べてみましょう。

検索欄に『お米 10kg』と入力すれば調べることができます。

簡易的に、下に検索結果がわかるリンクを貼り付けておきます。

AMAZONで調べる、お米10kgの価格はこちら

2015年6月時点でだいたい、2,000円から3,000円程度のようです。

10kg以上ふるさと納税で貰えたら、お得感が出ます。


お肉も調べておきましょう。

AMAZONで調べる、A5ランクの国産牛肉の価格はこちら

ピンキリですが、5,000円以上というところでしょうか?

美味しそうなのでそのまま買ってしまおうと想います(笑)


ふるさと納税では過度に高級な品物をお礼に使うことに国から注意がでました。

しかし、お得感はやはりまだまだありそうです。


3ステップで出来る!ふるさと納税の記事はこちら ↓
3ステップでできる!オトクな『ふるさと納税』をやってみよう!!



スポンサーサイト
page top
3ステップでできる!オトクな『ふるさと納税』をやってみよう!!
平成27年4月よりふるさと納税が今まで以上に簡単に手続できるようになりました!

そこで、ふるさと納税を3ステップで簡単にデキる方法を紹介したいと想います。


そもそも、ふるさと納税は収入にかかる税金を納める代わりに、

自分が住んでいない地方に納税することで

お礼の特産物をもらうことができるオトクな納税制度ですね。


今まで確定申告をする必要がありましたが、

平成27年度より5か所以内なら年末調整で済むようになりました。

(確定申告が不要という意味で。)


これを機会に3ステップでデキるふるさと納税を教えます。


① 納税できる準備をしよう。

② ふるさと納税ができるサイトに事前登録をしよう。

③ 実際にもらう商品を探そう。

【 ※番外編 もらう商品の値段を調べよう 】




① 納税できる準備をしよう。

まず、クレジット決済で納税をするためにクレジットカードを準備してください。

クレジットカードを準備する理由は、

郵便振替でも納税ができるんですが、わざわざ郵便局まで足を運ぶのが面倒ということと、

クレジットカードで決済をしてポイント(現金化)を貰おう!

という意味があります。

マイレージやTポイントに変えられるものもありますのでオトクですね。


クレジットカード決済って怖い・・・。という方もいらっしゃると想いますが、

実際私がこれでふるさと納税をしましたので安心してください。(実証済)


楽天カードなら、加入特典で最初からポイントが付くこともありますし、

日頃の買い物でポイントも貯まるのでお得です。

また、お手持ちのカードがあればそれを使ってもOKです。

クレジットカードをお持ちではない方は下のバナーより手続ができます。


次に、ふるさと納税ができる目安を調べましょう。

納税できる限度ふるさとチョイスというサイトで確認できます。(新しいウィンドウで開きます)

あくまで目安ですが扶養人数によって、ふるさと納税でお得になる限度がわかります。

なお、事業所得などの給与以外の方の目安は下の記事を参考にしてください。

ふるさと納税 - 給与所得以外の方の目安はいくら? -(新しいウィンドウが開きます。)




② ふるさと納税ができるサイトに事前登録をしよう。


つぎに、ふるさと納税を行う準備をしましょう。

5分程度でカンタンにできます。

まず、ふるさと納税を行う窓口になるふるさとチョイスで会員登録を行いましょう。(新しいウィンドウで開きます)

メールアドレスを登録し、無料会員登録をしてください。

登録したメールアドレスにふるさとチョイスからメールが届くので、

メール内のURLをクリックして、引き続き会員登録を行ってください。





③ 実際にもらう商品を探そう。

いよいよ、手に入れる商品を探します。

こちらもカンタン!!

さきほど登録した、ふるさとチョイスで行います。(新しいウィンドウで開きます)

画面にあるお礼の品一覧から、欲しいものを選んでください。


本当なら、応援したい地域を決めて、お礼にその地方の特産物を頂くのですが、

平成26年4月時点で、1,718市区町村もあり、全て見ることもできません。

ここは、手早く特産物より決めてしまいましょう。


例えば、『お肉』を選んでみましょう。

三田牛!常陸牛!!宮崎牛!!!

魅力の和牛が並んでいますね。


お好みのものを画像をクリックするか、『詳細はこちら』をクリックしてください。

次に、『この自治体に寄付を申し込む』をクリックしてください。

もし、ログイン画面が出れば、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。

申込情報は登録されたものが入っているはずです。

ここで、申請書の要望 □ 寄附金税額控除に係る申告特例申請書を要望する

にチェックしてください。


これをチェックすると、サラリーマンの方であれば、年末調整で済むことにできます。

さらに、寄付金額の入力と

お支払方法でクレジットカードによる払込みを選択。


そして、寄付金額に見合う商品を選んでください。

あとは、一番下の確認するをクリックして進んでください。


クレジットカードでの支払の方は、yahoo! 公金支払いでの決済になります。

流れに沿って支払手続きを進めてください。

(何度もふるさと納税する方はyahoo!IDとyahoo!ウォレットに登録したほうが楽です。)

後日、寄附金の領収書や、年末調整で済ませる手続用紙が届きます。




あとは商品が届くのを待つだけ!

私も、この方法で、新米20kgと、宮崎牛1kgを頂きました♪

注意が必要なのは、ふるさと納税を行う目安は年収なので、

退職する方や扶養人数が変わる方は目安が変わる可能性があること。


医療費控除や住宅ローン減税を予定している方は、

そもそも納税する税金があるかどうかを確認してみてください。

納税する税金がなくてもふるさと納税は出来、商品もいただけますが、

お得感はなくなってしまいます。


最後に、ふるさと納税は寄付金控除を利用したものであるため、

2千円だけは負担することになります。

しかし、それ以上の商品が送られてくるので、実質無料となります。


それではふるさと納税ライフをエンジョイしてください!

 
© とある税理士事務所職員のブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。