現職税理士事務所の職員が気になることを紹介します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
A-SaaSがAdobeAIRのバージョン24に対応しました。
A-SaaSがAdobeAIRのバージョン24.0に対応しました。

AdobeAIRのインストールはこちら

A-SaaSに何等かの不具合がある場合は上記を試してください。
スポンサーサイト
page top
A-SaaSのインストールに失敗した場合の対応
★ A-SaaSのインストールに失敗した場合の対応

さて、A-SaaSのアップデートを行った際に、たまにですが、インストールの失敗をするというお問い合わせをいただきます。

どうやら、A-SaaSのプログラムを動かすためのAdobe Airのバージョンとの関係なのでは?と推測しています。


対策としては、週一回はA-SaaSを立ち上げる

その際に、アップデートができ、バージョンの差ということがなくなるのではないか、ということです。

しかし、月に一回入力すれば良いというお客様もいらっしゃるので、こちらにその対応を上げておきます。

   




1.OSによって対応が違うので、下記を参照してください。

● WINDOWS10の場合
左下のWINDOWSボタン → 設定 → システム → アプリと機能

● WINDOWS8.1の場合
画面の右上隅にマウスを持って行き、設定が表示されるので押す。
(以下、WINDOWS7と同じ。)

● WINDOWS7の場合
左下のWINDOWSボタン → コントロールパネル → プログラムのアンインストール)


2.次の方法を行ってください。

Accounting SaaS Japan と Adobe Acrobat Reader DC と Adobe AIR をアンインストールする。

アプリと機能

当事務所のホームページよりAdobe Acrobat Reader DCをダウンロード、インストールする。

つぎに、同じくホームページよりASaaSをダウンロード、インストールする。

★当事務所、ダウンロードページはこちらをクリック★

アドビリーダー

※ インストール時に、実行・保存・キャンセルを問い合わせてくることがあります。その際には実行を選択してください。




二つのソフトをアンインストールして再度インストールすると、普段と同じようにお使いいただけます。




ちなみに、Adobe Acrobat Reader DC 単体のアップデートはこちらで確認できます。(画面参照)

page top
無料で使える会計ソフトはこれだ! A-SaaSの導入
当事務所では会計・給与ソフトを無料で導入しています。

ほとんどの場合、個人であろうと法人であろうと、何らかの形で会計や給与計算を行う場合、

パッケージソフトを購入して事業を始められることが多いはずです。


しかし、どのソフトを使っていいのかわからない。

相場が幾らぐらいかがわからない。

使ってみたのはいいものの、自分には合わない。(事業の大きさや、使い勝手など)

といった問題が生じます。


当事務所では、無料でソフトウェアを提供しています。

お使いになってみて、合うか合わないかを判断いただければ良いと思います。

また、ソフトウェアの処理サポートも行っておりますので、運用後の心配も一緒になって解決します。

当事務所では、サポート料金も取っていません。

他の税理士事務所と同様に、顧問料のみを頂戴しております。


導入の方法は次の通りになっています。

まず、当事務所のホームページに進みます。

当事務所のホームページはこちら

事務所ホームページの左下あたりの、ダウンロードをクリック。

横井オープニング画面




クライアントアプリのダウンロードより、A-SaaSのページに行って、アプリをダウンロードします。

横井ダウンロード画面


このままでは、会社設定が入っていませんので、当事務所で設定させていただきます。

ダウンロードが出来たら、当事務所へ連絡してください。

もちろん、相談料も無料です。



連絡は当事務所まで電話かメールで。

その際には、『ブログを見た』とおっしゃってください。

page top
ASaaSはタブレットで動くのか?
当事務所と顧問先様でも使用していますASaaS

通常は、デスクトップパソコンやノートパソコンで使用します。


近頃ではタブレットもWINDOWS8.1が登場してから使いやすくなってきています。

そこで、ASaaSはクラウド型なので、その利点を活かして、

ちょっとの時間の合間にタブレットで使えたら便利ではないか?

ということを考え、タブレットでASaaSが使えるかどうか検証しました。


まず、『タブレットとは?』というところから入りますと、

お馴染みのipadのように、

画面だけでキーボードが付いてこないパソコンで、

小型のものが多いとイメージしてください。


また、タブレットにはメジャーなもので、大きく分けて3種類ありまして、

WINDOWS、Ipad、androidの3つのOSを使用したものがあります。


ASaaSはWINDOWS版とMac版がリリースされています。

この時点で、android版のタブレットはアプリがないので、利用できません。

Teamveiwerというソフトがあれば、外出先でも使うことはできなくもないのですが・・・。


Mac版については、OSの種類によって、現状ではタブレットで使えるアプリは登場しておりません。


WINDOWS版はタブレットのOSがbing版を含めて、WINDOWS8.1がデスクトップとノートパソコンで互換性があるので、

ASaaSのアプリをインストールすることができます。


よって、2015年7月時点では、ASaaSが使えるタブレットはWINDOWS版のみ

ということになります。


WINDOWS版であれば、通常のASaaSのアプリケーションをダウンロードすればいいだけなので簡単にセットアップできますね。

下のパソコンが15インチのノートパソコン。上のタブレットが8インチのものです。約半分の大きさですね。

1438227283450.jpg


画面はお馴染みのASaaSのもの。普段使っているものと同じ画面。同じ機能です。

画面が暗いのは、カメラの撮影のためです。

1438227309560.jpg

タブレットなので、タッチパネルで操作ができます。

社長や経理の上席の方が数字の確認をするには直感的でいいかもしれません。


入力する場合は、タブレットには画面上に現れるソフトキーボードのみなので、

別途無線でつながるキーボードが必要ですね。


ちなみに、私が使っているタブレットはNEC製です。OFFICE付きです。

8月2日までの購入なら、キャンペーンで3,000円キャッシュバックとなっています。

また、キーボードは持ち運びができる折り畳み式のもの、細かい操作用にマウスも購入しました。

  

これで、外出時にも閲覧できますし、空いた時間にもちょっとした入力ができます。



© とある税理士事務所職員のブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。